お知らせ

無期限保証のR∞PC(アールピーシー)をオススメするのはなぜか?

パラグリードオンラインストアで大好評販売中の無期限保証の再生中古パソコンR∞PC(アールピーシー)。

TBSテレビ「がっちりマンデー!!」やBS12「ドランクドラゴンのバカ売れ研究所!」でも特集されて『無期限保証』のサービスが注目されている『R∞PC』。

パソコンを買うなら新品?

いざ『パソコンを買う』となると、家電量販店に行って、並んでいるパソコンから店員さんに案内を受けて買うという方は非常に多いと思います。またはスマホやパソコンからネットで家電量販店のネットショップやAmazon、Yahoo!ショッピングなどの大手買い物サイトでご購入される方もたくさんいらっしゃるかと思います。

多くの方は『新品パソコン』を買われるかと思います。

理由としては新品パソコンの持つ安心感が大きいのではないでしょうか。メーカーの保証や、生産されたばかりなので基本的にはすぐには故障しないだろうと考えられたり、当然、最新のパーツを採用しているわけですからそういう面でも信頼が置けるのか思われます。

ある程度パソコンを使ってきている方や、パソコン歴の長い親御さんにパソコン購入の相談をして初めてパソコンを使う方、お子さんにパソコンを買ってあげる方などは中古パソコンが選択肢に入る事も多くなります。

トラブルが起きても大抵はご自身で対処出来る方や、新品パソコンと比べて中古パソコンが必ずしも壊れやすいわけではないと経験則で考えている方には価格が抑えられてある程度の性能が手に入る中古パソコンという選択肢は魅力的です。

パラグリードでは自社生産の中古パソコンでは”性能に対するコスパで日本一を目指す”をスローガンに販売を行っているので、実際大手中古販売業者さんや秋葉原の店舗店頭の価格にも負けない価格設定で魅力的な中古パソコンをご案内しています。

おかげさまでこのパラグリードオンラインストアもPARAGGLEAD Yahoo!店もそれほどの知名度ではないですが、販売している中古パソコンは結構な勢いでご購入頂き、在庫が枯渇してしまう事も多く、ご評価頂いております。

そんなパラグリードが多くのお客様に使って頂きたいとメインでご案内しているのがタイトルにもある『無期限保証のR∞PC(アールピーシー)』です。

無期限保証の中古パソコンなら

パラグリードでは新品パソコンよりアールピーシーの方をオススメする事が多いです。と言うのも基本的には新品パソコンを買おうと考える方の「使い方」や「パソコンに求める事」はアールピーシーの方が優位に叶えられると考えるからです。

また一般論として新品パソコンに対して中古パソコンが抱えるメリットデメリットを比べても、アールピーシーなら非常に多くのニーズを叶えられると考えています。

新品パソコンに対して中古パソコンは

・保証がない、または短い

・経年劣化があるから壊れやすい

・その分安い

と思われるでしょう。実際壊れやすさ以外は販売側としてもその通りだと思います。壊れやすさは難しい話ですが、『無期限保証のR∞PC(アールピーシー)』なら

・無期限保証

・壊れても無償で修理

・当然新品よりはるかに安い

なので基本的に中古パソコンとしてのデメリットは無いと考えてよいと思います。

性能面で見た新品パソコンとR∞PCの違いは

下の表は記事執筆現在(2022年2月8日)時点で「大手家電量販店サイトで販売されている低価格帯の人気機種」「パラグリードのR∞PC高価格帯人気機種」の比較表です。

パソコン アールピーシー 無期限保証 違い

以下で項目ごとに細かく確認してみましょう。

まずは商品の区分に関して

これはもういわずもがなですね。アールピーシーは中古パソコンです。

続いて性能面を見ていきましょう。

メモリとSSDは同じ値となっています。これは同性能と考えて良いと思います。厳密にはメモリもその世代によって能力が変わりますが、一般仕様においてメモリの世代はそこまで重視しなくて良いかと思われます。

違いが明らかにあるのはCPUですね。まず名前からして違います。

まず『CORE i〇』の部分ですがこれは〇の部分の数字が大きい方が性能が良いです。最新では9まであったりしますが3,5,7,9の4段階があり、性能の高い方から9>7>5>3となります。

さらにCPUを比べる中で重要なのがそのあとの数字です。こらは非常にややこしいのでものすごく詳しくなりたいわけではなければ最初の数字に注目して下さい。これは『世代』を表しています。

アールピーシーは「Core i5-7300U」これは「グレード5の第7世代」のCPUです。新品パソコンは「Core i3-10110U」こちらは「グレード3の第10世代」のCPUとなります。

「i3-10110U」は「i5-7300U」より3世代新しく、基本的には同グレード帯であれば、世代が新しい方が性能が良いです。CPUは新しいと性能が良いです。

しかし最も注目すべきはCPUの性能そのものを表す「スコア」の値です。両者を比べてみるとほとんど差が無い事がわかります。世代が3つ新しいけどグレードが1つ低いCPUとは性能差がほとんどないというわけですね。

つまり最新の量販店店頭新品PCとアールピーシーの高価格帯では性能面ではほとんど差が無いのです。

続いて装備の面を見ていきましょう。

やはり新品パソコンの方が新しい機能が多くあります。光学ドライブには差がありませんが、ディスプレイは違いがあります。

まず新品パソコンの15型LED液晶は動画を観たりするとかなりきれいに観られますし、据え置きで使うノートパソコンとしてはサイズも十分で表示エリアとしても満足出来ます。対してアールピーシーの14型は本体重量の軽量化とともに、持ち運びを意識したサイズ感となっていて、やや狭くなっていますしTFTカラー液晶はLED液晶と比べてきれいとは言えない一般的なビジネスノートパソコンの液晶です。

端子に関しては新品パソコンの方はType-C端子を備えたりBluetoothの規格も5.0となっていて、最新の装いです。アールピーシーの方はアナログRGBを備えている辺りがビジネス向けといった仕様でしょうか。

年式の差が出ている個所と言えるでしょう。

続いては保証の面を確認しましょう。

一般的に新品パソコンの保証はメーカーが行う1年間の保証で、パーツの不具合に備えるものであって、物損や水濡れなど人為的な不良に関しては保証外となります。有償で保証を追加する事で物損に対応したり期間を延ばしたりするサービスもありますが、2万円前後の追加費用がかかる事がほとんどです。

一方でアールピーシーの無期限保証はどんな理由で壊れても適用されますので、落としても濡らしても割っても保証が効きます。また、無期限なので何年使っても保証されますし、何度修理を行っても無効になったり、追加費用が必要になる事はありません。さらにお買い替えのサポートが付いていて、何年か使って性能的に不満が出てきたときには1万円ほどの価格でその時の最新のアールピーシーに買い替えが出来ます。

保証の面では圧倒的にアールピーシーが優れています。

最後にここまでの比較を含めて価格を確認していきましょう。

アールピーシーの基本的なOfficeソフトは「WPS Office」という互換Officeソフトとなっています。MicrosoftOfficeで作成したデータを閲覧したり編集したりする事が出来ますし、MicrosoftOfficeの形式でファイルを保存する事も出来ます。個人使用の範囲ならば特に問題はないかと思いますが、MicrosoftOfficeが必要であればオプションで27,500円で追加できます。

MicrosoftOffice込みの金額で比較しても上記の新品パソコンは126,280円、アールピーシーは93,500円と約30,000円の開きがあります。

新品パソコンよりアールピーシーをオススメする理由

ゲームをやる、とかペイントソフトを動かす、とか本格的な動画編集をする、とかであれば、アールピーシーにそれを叶える性能があるモデルは今のところありません。

しかしながらそれを叶える新品パソコンはもっと高価で20万円前後を考えていいです。

あくまで特にパソコンに高性能を重視する理由がなく10万円超くらいのパソコンを家電量販店で検討するのであれば

性能がほとんど変わらず

保証が圧倒的に優れていて

何万円も安い

アールピーシーをオススメします。

小さいお子様のいらっしゃるご家庭、お子様の初めてパソコン、お仕事引退されて高性能が必要なくなった時、進学でパソコンが必要になった時、事務作業メインのパソコンを探している時

アールピーシーが非常に適しているのではないでしょうか。

関連記事一覧